【レビュー】スノーピーク「ラゴPro.air 1」超軽量、コンパクトなテント!

みなさん、こんにちは。

本日はスーノーピークの超軽量テント、ラゴPro.air 1のレビューをしたいと思います。





お気に入りポイント。

超軽量。

ダブルウォールと言うインナーテントとフライシートの2重構造にもかかわらず950gです。

950gといえば大きめの毛ガニ1匹分ですのでめちゃくちゃ軽いのがお分かりいただけると思います!

ギリギリのサイズ。

室内は大人1人が荷物を置いてギリギリ寝れるサイズです。本当に余計なものは置けません。


ど真ん中に寝た図

ですが、最低限必要なものだけを持ってバイクに積み、走って寝るには十分な大きさかと思います。

ついでに収納サイズ長さ33cmで僕の使っているホムセン箱にギリギリ収まる事もポイントが高いです。

快適性と耐久性。

超本格的な山岳用テントなどでは軽くするためにシングルウォールであったり生地をすごく薄くして軽量化しているようですが、ラゴPro.air 1は結露が起きにくいダブルウォールでなおかつ長く使えるよう最低限の厚めの生地を使っています。


力のかかる部分には厚手の生地を使用

もし僕が、開発できるとしたら薄い生地を使って作り「軽いでしょ!けど、破れやすいから破れたら交換してね!」というゲスい考えでどんどん買ってもらおう!なんて思ってしまいそうですがスノーピークさんは意外と良心的です。

耐水圧。

雨男の僕が気になるのは何と言っても耐水圧。
大雨に降られても大丈夫なように最低1500mmは欲しいところですが、なんとこちらのテントはミニマム1800mm!!!

最低1800mmということは最高どのくらいまで耐えれるのが気になるところですが、今回は置いときましょう。

実際に使ってみた。

まず開封。すると、ポール・ペグなどの小物インナーテントフライシートの3つが入っていました。

フレームとなるポールは2本。(組み立て時)

ポールは簡単に組み立てられます。

軽量化のためかポールの先端には収縮チューブのようなものが!!
確かにプラスチックパーツをはめ込むより軽くなりそうです。それともただただコスト削減?

組み立て方はインナーシートを広げ

小さいコの字型のサブフレームをスリーブに入れ

メインフレームを出入り口から室内に入れセットし

あとはペグを打って

フライシートをかけて紐を縛ったりジョイントを接続すればなんとなく完成

あとは張縄を貼ればかっこよく”張った”テントになるのでしょうが泊まるつもりもなかったので今回はそこまでやりませんでした。

使ってみた感想。

狭いようで広い。

メーカーのコンセプトが『人の動きを妨げないギリギリのサイズ』と言うことでかなり小さいのかなぁ…と思っていましたが、本当に『人の動きを妨げないギリギリのサイズ』でびっくりしました。

さらに僕の場合、小柄なので隅によって寝ればツーリングの荷物(ホムセン箱等)も室内に収納できるくらいのスペースも確保でき予想以上にピッタリのサイズ感でした!


端で寝た図

買う前から知ってはいましたが、前室はほぼないので焚き火台などは収納できなさそうです。これさえあれば僕にとって最高のテントでした。

説明書必須。

初めて組み立てをする際に説明書を家に忘れた僕がいけないのですが、普通のテントと違いフレームを通す穴が無かったため手間取りました。

サブフレームは普通のテントと同じくスリーブに入れるのですがメインフレームはスリーブがなく『どこに入れるんだ?』『不良品か?』などと小一時間悩みましたが、帰って来てから説明書を見たらきちんと書いてありました。不良品は僕の頭でした。

初めて組み立てる際には説明書を忘れずに持っていきましょう

まとめ。

収納時に小さく、軽く、テントは寝るだけのスペースと割り切っている方なら大満足のテントでしょう。
逆に、キャンプメインのツーリングでテント内で過ごす時間が多い時にはあまり向いていないかなぁ…と言う印象でした。

しかし、頭上にランタンを下げれるようなフックがあったりそこまで軽量化を突き詰め過ぎているテントではありませんし、実用面では全く不自由なく使用できます


ランタン用のフック?


入り口の布を抑えておくやつもあります。


もちろんベンチレーションも。

あと、今の所他に使っている人を見かけたことがありませんので『人と同じテントはイヤだ!』と言うにもオススメです!

僕は収納時の小ささと軽さ、人と被らないテントを探していたので大満足でした。これからどんどん使い倒していきたいと思います!(まだ一回しか使用していませんが…)

以上シキでした!