【レビュー】ど定番テント!スノーピーク「アメニティドームS」

みなさん、こんにちは。

本日はスーノーピークのど定番のテント、アメニティドームSのレビューをしたいと思います。





お気に入りポイント。

サイズが選び放題。

アメニティドームは全部でS、M、Lの3種類あり使用用途、人数により選び放題です。

対応サイズはSサイズが3人、Mサイズが5人、Lサイズが6人となっていますが余裕を持つなら対応人数『−1〜2人』くらいと見ていた方が良さそうです。

ちなみに僕は、基本ぼっち…いや、ソロツーメインなのでSサイズを購入しました。
友達が増えたらM、Lとサイズアップしていきたいです。

前室が広い。

前室の広さはこのテントの最大の魅力といってもいいくらいの特徴かもしれません。

キャンツーに行くとイスや焚き火台、薪、ゴミなどの荷物が散らかってしまいがち(僕だけ?)ですがこのテントの前室の広さなら適当に前室に入れてしまえばあとはすぐ寝れます

眠い中片付けをしたくない僕には大きなメリットです。最近、焚き火台やイスなどのギアの盗難なども聞きますので前室にしまい込めると安心感があります。

もちろん焚き火の後にしっかり火消しをしっかりしないと大変なことになりますが…

耐水圧。

雨男の僕が気になるのは何と言っても耐水圧。
大雨に降られても大丈夫なように最低1500mmは欲しいところですが、なんとこちらのテントはミニマム1800mm!!!

最低1800mmということは最高どのくらいまで耐えれるのが気になるところですが、今回は置いときましょう。

コスパ。

スノーピークの用品は高いイメージがありますがアメニティドームは、良心的な価格設定です。

金額はSサイズが29800円、Mサイズが36800円、Lサイズが49800円です。やはり、コールマン等のテントと比べると高額ですがポールの材質防水性前室の広さなどを加味するとそこまで割高感はないのではないでしょうか?

しかも、スノーピーク製品は全て永久保証です!

実際に使ってみた。

まず開封。すると、ポールインナーテントフライシート、ポール類が入っていました。

ポールは4本。インナーテントに使用するものが3本とフライシートに使用するものが1本でした。
説明書を読まない僕は、フライシートに1本使用することがわからずインナーテントにどうにか使おうと奮闘していましたので時間を持て余している方はマネをしてみてください。素晴らしい時間を過ごせることでしょう。

普通に設置するなら、インナーテントを広げポールを3本通すだけです。


2本通したところ。

ちなみにインナーテントに使用するポールはオレンジ(2本)と緑(1本)に色分けされており、さらにポールを通すスリーブも色分けされているのでどこにどのポールを使用するのかが見ただけでわかるようになっています。


スリーブとポールの端の色を確認すれば間違えません。

あとはインナーテントについてるプラスチックフックをポールに取り付けペグダウンしフライシートを被せれば完成。


プラスチックフック。


フライシート。

もちろんフライシートと本体についたバックルもきちんと色付けされているので前室と後室さえ間違わなければ迷わずに取り付けられます。もちろん僕は毎回間違えてみたりします。


バックルも色分けされています。

頭上にはベンチレーションがついており夏でも比較的快適に過ごせそうです。


外から見たベンチレーション。

中はこんな感じ。

使ってみた感想。

被る。

人気のなるテントの宿命ですが、キャンプ場で大体被ります。
被っても気にしなきゃいいだけなのですが僕は被るとなんとなく嫌なのでシーズン外れの人影のないようなキャンプ場で使おうと思います。

広い。

今まで1人用や2人用のテントしか使用してこなかったので異様に広く感じました。
僕の使用方法だと正直、1人での使用では持て余します

ただ、前室の広さはツーリングの時などの荷物置きにちょうどよくこの広さの前室で室内がもうちょっとコンパクトならいいなと思いました。


広い前室。

大変。

広いので当たり前ですが、組み立てと撤収が大変です。組み立ての手順は簡単なのですがただただ大きいので大変です。


組み立て中は風に注意です。※ペグ打ちをすればこうはなりません。

何人かでワイワイ楽しくやれればいいのでしょうが1人だと悲しくなって来ます。悲しくなるので、友達を作ろうと思います。

容易。

上記にて大変と書きましたが、容易な点もあります。

それは、収納ケースが大きいこと。


適当に収納してもブカブカ。

キャンプ用品でよくあるのがテントを畳んで収納するときになると『入らない!』という状況ですが、このテントはそんなことにはならないようになっており適当にたたんでも簡単に収納できちゃいます。

面倒くさがりの僕にはすごく嬉しい配慮です。

まとめ。

流石、定番のテントです。被る以外欠点が今の所思いつきません。

初心者の僕でも簡単に組み立てできますし、防水性も文句なし。ちょっとマニアックなところですが、ポールの素材もジュラルミンで所有欲もそこそこ満たされます。しかも何と言っても手の出しやすい価格帯

さらには、1人での撤収の大変さや室内空間の広さから寂しさや悲しさに襲われ、友達を作ろうと決心させてくれる素晴らしいテントです。このテントを購入してしまえば脱ボッチです!素晴らしい!!

と、褒めてばかりのメーカーさんしか喜ばないつまらないレビューになってしまいそうなので、欠点をすごく考えた結果1つだけ見つかりました。

収納時のサイズがデカい。

バイク乗りの僕にとっては致命的です。キャンプ用品を全てバイクに乗せるとなると収納時、約60cm×20cmの物体は大きすぎます!しかも、5kg!!(意外と軽い…?)
ましてや僕はキャンプ用品をホムセン箱一箱に収めたいのでやっぱりデカすぎます!

ですが、この収納ケースのサイズこそがこのテントのメリットでもあり初心者の僕にも収納しやすく…

なんか同じことを2回書いている気がして来たので終わりにします。

以上シキでした!