ゴリゴリ削れるように切れるのこぎり!サムライ 騎士 240mmをレビュー。

こんにちは。シキです。

僕は今までキャンプの際は、なるべく荷物を増やしたくないという理由からのこぎりを持たずに過ごしてきました。

しかしそこら辺に落ちている細い枝だとすぐに燃え尽きちゃいますし、太すぎる枝だと僕の使用している焚き火台には入らなかったりします。

【レビュー】スノーピーク「焚き火台S」重いけど一生モノの焚き火台。

解決策としてはのこぎりを常備しちょうどいい大きさにすればいいのですが、荷物を増やしたくないというこだわりが邪魔をしていました。

しかし今回こののこぎりを知って、のこぎりを持たないという変なこだわりを捨てて良かったと本当に思いました!

面白いくらい木が切れてしまうので庭の木がなくなってしまう心配はありますが、間違いなくおすすめできるのこぎりです。

サムライ 騎士 240mmのおすすめポイント
  • 面白いくらい切れる
  • 折りたたみ式
  • 目立つカラーリング

サムライ 騎士 240mmのスペック。

「サムライ 騎士 240mm」は折り畳み式のノコギリです。

折り畳んだ寸法は、約285mmです。

全長は約510mm、刃長は約240mmです。

重量の実測は234.5gでした。

折り畳み部は、プッシュ式のロック機構がついています。

折り畳むときはもちろん刃を広げる際もボタンを押さないと広がらないのが、僕は少し不便に感じました。

シキ

押さないと広がらないので安全性は高いです!

柄の部分は、樹脂製です。緑の部分は、ゴムでコーティングされているので滑りにくくなっています。

シキ

明るい緑色なので使用に伴う黒ずみが目立ちます…

ハンドル下部には、ストラップ穴があるのでお好みでストラップも付けられます。

サムライ 騎士 240mmの使用感。

庭に生えている木を実際に切って、切れ味を検証してみました。

まずは細い枝。

盛って言うと、3秒で切れます。一漕ぎで出てくる木屑の量が半端なく、ボロボロと出てきます。

シキ

今までののこぎりはなんだったのかと言うくらいの切れ味です!

想像以上に切れてしまうので、切るつもりのなかった庭にある一番太い木も切ってしまいました。

太ももくらいの太さのある松の木でしたが、2分くらいで切れました。僕の体力不足問題がなければ1分くらいで切れそうです。

シキ

ゴリゴリと削っている感覚で切れていきます!

刃が荒目なので切断面も少し荒めですが、僕は切れてしまえばなんでもいいという性格なので気になりませんでした。

シキ

ものすごい荒いというわけでは無く、サラサラはしていないかなって感じです。

まとめ。

過去5種類ほどののこぎりを使用してきましたが、僕史上過去1の切れ味を持つのこぎりでした。

パッケージによると刃がカーブしていることで「早く楽に切れて疲れない!」らしいですが、カーブしていても切れないのこぎりは切れないので、刃も何もかもバランスの良いのこぎりなのだと思います。


カーブしている刃。

シキ

切れ味だけを求める方ならば、「サムライ 騎士 240mm」で間違いありません!

奇抜なカラーリングで草むらに放り投げてもすぐに見つけることができますし、実用性重視の方には間違いなくおすすめなのこぎりです。