【レビュー】スノーピークで最軽量!インフレータブルマット テレコを使ってみた。

皆さんこんにちは。シキです。

今回はスノーピークから発売されている「インフレータブルマット テレコ」のレビューをしたいと思います。

インフレータブルマット テレコを購入した理由は超軽量でコンパクトなテント「ラゴPro.air 1」に使用したかったからです。





お気に入りポイント。

スリムな形状。

僕が普段使用するテント、「ラゴPro.air 1」は人が活動できるギリギリのサイズで作られているため他の一人用テントに比べ細身で形状がいびつです。


底面は菱形。

ですので、よく売っている長方形のマットですと角が当たってしまいます。その点「インフレータブルマット テレコ」は頭から足下にかけて細身になっていく台形型なので使用できそうです。

サイズと重量。

足下がスリムな台形型なのでその分面積が減り小さく収納でき、そしてその分減量されています。


収納サイズφ16×30cm。

ケース込みで800g。

しかし、スノーピーク以外で探せば同じくらいのスペックさらに小さく軽量なものもあります。

スノーピークを選んだ理由はスノーピークが好きだからです。

収納ケースにポンプ付。

インフレータブルマットは大きく分けて空気入れを使用して膨らますものとコックを開けておくと勝手に空気を取り込むものの2種類があります。

今回購入した「インフレータブルマット テレコ」は後者のタイプです。しかし、勝手に膨らむとはいえパンパンになるわけではないですし時短のために結局ポンプは欲しくなります。

しかし、ポンプを別に持っていくのは面倒くさい…というところに登場するのがコレです。


ポンプ兼収納袋。

ポンプを別に購入するとお金もかかりますし、場所もとります。さらに、空気の受け口の形状により適合していなかったりと色々面倒なことがあります。

しかし、インフレータブルマット テレコであればポンプ兼収納袋がついているいるのでそんな心配はありません!!!

使ってみた。

「ラゴPro.air 1」との相性検証。

まず、収納ケースから出します。

ポンプ兼収納袋がついているので空気入れが簡単に素早く行えます。

そして肝心の、「ラゴPro.air 1」に入るのか


頭側。


脚側。

若干脚の方が折れてますが入りました

寝心地。

今回の目的は入るかどうかなので寝心地はどうでもいいのですが一応寝心地も検証しました。

寝心地は以前使用していた普通の銀マットに比べるとかなり快適になっています。

しかし、他の同じ厚さのインフレータブルマットに比べ寝心地がいいかと言われればそんなことはなくそれなりの寝心地です。

僕はどんなところでも寝れてしまうのでこのくらいの厚みのマットがあれば満足できますが、フカフカじゃないと寝れないよ!という方はさらに厚みのあるマットを探してみるといいでしょう。

まとめ。

極限の軽さを求めているラゴPro.air 1でマットを使用する方は少数派かと思いますが、「ラゴPro.air 1」でマットを使用するなら「インフレータブルマット テレコ」が最適です。

ラゴPro.air 1は菱形なので長方形に近い形のマットですと角が当たってしまい使いにくいですが「インフレータブルマット テレコ」であれば台形型なので(ほぼ)綺麗に収まります。

しかし、他の利点は他の商品に比べ特出している点が無く「超軽量のマット」、「寝心地の良いマット」をお探しの方は、正直なところ他の商品を購入した方が満足度が高そうです。

以上、シキでした!


  • 松浦幹大

    ますます、スノーピーク アイテムに
    包まれつつ ありますね!!(*´∇`*)
    僕も、ですけど。