三春滝桜の孫桜!?「合戦場のしだれ桜」を撮影してきた。

皆さんこんにちは。シキです。

今回は福島県ではそこそこ有名な桜スポットの「合戦場のしだれ桜」に行ってきました。

合戦場のしだれ桜は「三春滝桜」の孫桜とも言われています。樹齢は200年弱と三春滝桜には遠く及びませんが見応えは十分です!





基本情報

■所在地 福島県二本松市東新殿字大林145
■観桜時間 24時間(ライトアップ時間:日没〜21:00)
■観桜料 無料
■駐車場 あり(無料)
※ライトアップ時間等は変更になる場合がありますので公式HPをご覧ください。

ここのイチオシ!

ここのイチオシポイントは菜の花と桜の共演です。

桜の足下にはぎっちりと菜の花が植えられており桜のピンクと菜の花の黄色があわさりとても見応えがあります。

残念ながら僕の撮影技術の都合上、菜の花と桜を一緒に写真に納められませんでした。きになる方は是非現地でお楽しみください


ちょっっとだけ菜の花が写っている奇跡の一枚。

しき’sポイント

毎年の見頃。

例年4月中旬から下旬に見頃を迎えます。

今回は2019年4月15日に行きましたが5分咲きくらいかなーって感じでした。

近い。

三春の滝桜と比べ、近くで鑑賞できます。

大きさは三春の滝桜に及びませんが、近い分迫力があります。


迫力満点。

ちなみにこの場所は源義家と阿部定任・宗任が戦った場所らしく「合戦場のしだれ桜」と呼ばれているそうです。

まとめ

実は「合戦場のしだれ桜」は大きな1本の桜の木のように見えますが2本の桜の木が寄り添うように生えています。そのため別名「夫婦桜」とも呼ばれています。

縁起の良さそうな別名も持っている「合戦場のしだれ桜」、みに来てみてはいかがでしょうか!


美味しいものも食べれます。

以上、シキでした!