福島市の名物。円盤餃子を「餃子の照井」で食べてきた。

みなさんこんにちは。シキです。

今回は福島県の県庁所在地、福島市の名物「円盤餃子」をご紹介させていただきます!

円盤餃子は読んで字のごとく円盤状に並べて焼いた餃子です。

円盤餃子の名店は福島市内にいくつもありどこで食べるか迷いましたが、今回は福島駅からすぐの「餃子の照井」福島東口店に行ってきました!





基本情報

■所在地 福島県福島市栄町1-1交番前
■営業時間 11:00~15:00、17:00~21:00 (餃子がなくなり次第終了)
■休業日 毎週火曜日
■料金 ー
■駐車場 なし(近隣にコインパーキングはあります。)
※2020年1月時点

ここのイチオシ!

ここのイチオシは何と言っても「円盤餃子」です。円盤餃子は一皿(22個)と半皿(11個)がありますが、一皿(22個)がおすすめです。

半皿ですと、半円型になってしまい円盤餃子を食べている気がしないかもしれません。もちろん僕も一皿で注文しました。


ラーメンもうまそう。

今回円盤餃子を初めて食べましたが、ラーメン屋さんなどにあるよくある“焼き餃子”とはまた違った美味しさでした。大きさは小振りで食感は“揚げ餃子”に近くカリカリしており、スナック菓子のような感覚で永遠と食べていられそうです。

食べきれる自信はなかったものの「円形の円盤餃子」を写真に収めたいが為に一皿で注文しましたが、結果として一皿で注文してよかったと思いました。


ボリュームがあるのに食べれてしまいます。

しき’sポイント

色々な円盤餃子。

円盤餃子といっても様々な円盤餃子があり一括りにできないそうです。

「円盤餃子 福島市」と検索すると今回お邪魔した“餃子の照井”さんが上位に掲載されますが、福島市内には他にもたくさんの名店があります。

皮に特徴があったり、形に特徴があったりするらしく食べ歩きをして比べてみるのも面白いかもしれません。

駐車場問題。

美味しい餃子を食べるにはひとつ代償があります。餃子の照井さんを含め名店の多くは福島駅前に集中しております。立地的にも駐車場がないお店が多いことが欠点です。

しかし、コインパーキングは週末の夜でもなければあまり余っているので多少の歩く気力とお金さえ払えば心配は要りません。

まとめ

福島といえばリンゴや桃などの果物や磐梯吾妻スカイラインが有名です。それに比べ円盤餃子の知名度は低いかもしれませんが、食べてみる価値は十分あるかと思います。

ツーリング途中に食べに行くとなると駐車場問題は大きな問題かもしれませんが、その問題を乗り越えてぜひ食べてみてください。

きっとまた食べに来たくなることでしょう!以上、シキでした!