ショーのない水族館。「アクアマリンふくしま」にいってきた。

みなさんこんにちは。シキです。

今回はツーリングではなかなか訪れないであろう場所、水族館のご紹介です。

水族館といえば、イルカなどの海獣のショーを推しているイメージがありますが「アクアマリンふくしま」ではショーを推すどころか一切おこなっておりません。その代わりに釣堀や海の生き物を触れ合えるビーチがあったりと体験できる施設が充実しているそうです。

しかし僕は冷めた人間なので、残念ながらショーもビーチもあまり興味がありません。果たしてそんな人間でも楽しめることが出来るのか行って確かめてきました。





基本情報

■所在地 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
■営業時間 9:00~17:30(冬季9:00~17:00)
■休業日 なし
■入館料 大人1850円
■駐車場 あり(無料)
※2020年1月時点

ここのイチオシ!

正直、どの水槽も綺麗で全てが見どころでした。ですが、全ての写真を載せてしまうのはめんどくさいので、その中でも僕が一番気に入った水槽をご紹介したいと思います。

その水槽は「タカアシガニ水槽」です。タカアシガニはとても大きく、カニミソが入ってる部分は大人の頭よりも大きく足も1メートル以上は余裕でありそうです。その大きさから食べ応えはありそうなのですが、不思議と食欲が湧く風貌ではありません。

そして、群れている姿は地球上の生命体とは思えないオーラを醸し出しています。

蜘蛛をめちゃくちゃでかくした感じにも見えます。

タカアシガニが陸上の生物だったら間違いなく恐れられているでしょう。

しき’sポイント

良い。

ショーがない水族館と聞くと行く気が無くなってしまう方もおられるかも知れませんが、僕の感想は意外と「良い」です。

ショーがあると興味があってもなくても「観なくちゃいけない!」とショーの開催時間を気にしながら他の展示を鑑賞することになってしまいます。しかし、アクアマリンふくしまにはショーがそもそも存在しないので気に入った水槽を好きなだけ鑑賞できます。

今回も時間を気にしないからこそタカアシガニの魅力に気づけたのかと思います。

金魚の展示。

水族館というと海の生物の展示というイメージがありますが、アクアマリンふくしまには金魚の展示もあります。しかも、「金魚館」という専用の建物が建っています。

すごく大きい建物というわけではありませんが、中には高価そうな金魚地元で作った?金魚がたくさんいました。


高価そうな金魚。

「ら・ら・ミュウ」が近い。

初見の方は「なんだそれ?」という感じですが、海鮮市場とフードコート、おみやげ屋さんが合わさった観光施設です。

とりあえず行けば、なんかしら食べることが出来ますしお土産も買えます。

詳しくは、こちらの記事でまとめてみましたのでご覧ください。

https://shikiame.blog/?p=1858&preview=true

まとめ

タカアシガニの紹介ばかりで「アクアマリンふくしま」は見所が少ないレベルの低い水族館なのかな?と思われてしまうかも知れませんがそんなことはありません。


熱帯雨林?の再現も良かった。

可愛いアザラシやカワウソの展示、アクアマリンふくしまの象徴「三角トンネル型の水槽」など見どころ満載でした。その中でも、僕のイチオシが「タカアシガニ水槽」だっただけです。

今回の記事を通してぜひ、皆さんにも一度はタカアシガニの魅力に気付いていただければと思います。

以上、タカアシガニにハマってしまったシキでした!