多分、安達の名産品。「納豆バーガー」を食べてみた。

みなさんこんにちは。シキです。

今回は、「道の駅 安達 智恵子の里」で販売されている「納豆バーガー」のご紹介です。

僕はどちらかというと納豆は嫌いな部類なので美味しく食べられるか不安でしたが、結果美味しく食べれました。

納豆バーガーの他にも色々ありましたのでご紹介させていただきます。





基本情報

■所在地 福島県二本松市下川崎字上平33-1
■営業時間 9:00~18:00(地域物産コーナー)
■入館料 無料
■駐車場 あり
※2020年3月時点

ここのイチオシ!

ここのイチオシは「納豆バーガー」です。


普通の見た目。

普段の僕は納豆など全く食べないのですが、「納豆バーガー」には妙に惹かれてしまい購入してしまいました。

お肉の上に乗っているチーズの代わりに納豆をサンドしているものを想像していたので美味しく食べれるか不安でした。

しかし、実際にはパテの中に納豆が練りこまれておりほんのりと納豆感はあるものの美味しく食べれてしまいました。

トッピングは上から大葉・キムチ・チーズがサンドされています。

とりあえず納豆にあいそうな食材を挟んでおくか!という印象を抱きますが、食べてみると全てがマッチしており適当に挟んでいただけではないことがわかります。

特に大葉の存在が大きく納豆の臭さをいい感じに和らげてくれているのですごく食べやすかったです。


見えないけど大葉の下にはキムチ。

しき’sポイント

酒も有名。

二本松市は日本酒が有名です。「奥の松」「大七酒造」などの大きな蔵元の他にもいくつかの蔵元があります。

奥の松酒造の「純米大吟醸 プレミアムスパークリング」は、ロードレースのシャンパンファイトにも選ばれています。

本来であればこちらを購入して「美味しいです!」とレビューしたかったものの予算の関係上実現しませんでした

しかし、他にも美味しいお酒はたくさんあります。その中から僕が購入したお酒は大七酒造の「生もと梅酒」です。


撮り忘れてこんな写真しかありませんでした。

普段飲む梅酒に比べれば若干、高級路線ですが少し頑張れば購入できる価格帯です。

肝心の味は、すっきりとしているのですがしっかり梅の味がしていてとても美味しいです。

いつも飲んでいる安い梅酒も十分美味しいのですが、飲み比べてしまうと全くの別物でした。

菓子も有名。

二本松といえば「玉嶋屋の玉羊羹」が有名です。

玉羊羹が美味しい!玉嶋屋に行ってきた!

しかし、玉羊羹は以前紹介したので今回は少し違ったものを購入してみました。「福島にぎりゆべし」です。


「福島にぎりゆべし」

福島県でゆべしといえば「かんのやの家伝ゆべし」が有名ですが、それに匹敵するのか食べてみました。


こっちがかんのやの家伝ゆべし。

僕があんこ好き甘党である事を前提にしていただきたいのですが、僕の好みでは「かんのやの家伝ゆべし」の圧勝でした。

福島にぎりゆべしは生地が少ししょっぱめでくるみがゴロゴロ系のゆべしでした。反対にかんのやの家伝ゆべしは生地はほんのり醤油の香りがするくらいでしょっぱく無くあんは甘めのこしあんのみです。


小さくて食べやすいサイズ。

甘党の方には「かんのやの家伝ゆべし」を甘いものが得意ではない方には「福島にぎりゆべし」をオススメします。

まとめ

道の駅に寄ると大抵何を買えばいいか迷ってしまいますが道の駅あだちに寄ったら「納豆バーガー」を是非食べてみてください!

納豆が含まれている食品は健康志向の高い方向けのイメージがありますが、納豆バーガーはジャンクフードが大好きな方でも美味しくいただける味です。

お値段も290円と高くもないのでオススメです。

そしてお土産には、美味しいお酒を購入してみてください!

以上、ジャンクフードが好きなシキでした!