身近なカッパドキア。浄土松公園の「きのこ岩」を観てきた。

みなさんこんにちは。シキです。

きのこ型の岩といえばトルコの世界遺産「カッパドキア」が有名ですが、軽い気持ちではなかなか行けないものです。しかし、軽い気持ちで見に行ける「きのこ型の岩」を国内で、しかも福島県で見つけたのでご紹介させていただきます。





基本情報

■所在地 郡山市逢瀬町多田野字浄土松1番地の1
■営業時間(管理人常駐時間) 8:30~17:15
■入館料 無料
■駐車場 あり
※2020年2月時点

ここのイチオシ!

ここのイチオシは手軽に観れる「きのこ岩」です。

トルコのカッパドキアに行くとなると東京から飛行機で16時間もかかります。それに比べ浄土松公園の「きのこ岩」は駐車場から徒歩10分で観れます。

駐車場から園内に向かって適当に歩くと看板があります。


見つけると安心するやつ。

あとは看板に沿って歩いていけばきのこ岩に着きます。


10分歩きます。

本物のカッパドキアを見たことがないのでわかりませんがそこそこカッパドキア感は出ています。


微妙にカッパドキア感。

“福島のカッパドキア”の他にも松が生い茂る様子から“陸の松島”という異名もあります。


微妙に松島感。

なんとなく解らなくもありません。

しき’sポイント

ちょっと険しい所も。

時間的には駐車場から10分ですが、道中は少し険しい箇所もあります。


険しくなる前には看板があります。

登山靴までは必要なさそうですが、少し泥っぽい箇所もあったので汚れてもいいスニーカーの方が良さそうです。


獣道。

Troikaチャンネルにも登場。

実は浄土松公園の「きのこ岩」は僕も出演しているTroikaチャンネルに登場していた事があります。

それは、Troikaチャンネルの開設初期の作品で(僕の中で)とても面白くないと評判の「Ninja250でふくしま緑の百景完全走破」シリーズの第1作目です。


それがこの動画。

再生回数が面白くなさを物語っていてかわいそうなので、暇な方は見てあげてください。

まとめ

カッパドキアを想像して行ってしまうと流石に見劣りしてしまいますが、微妙に異世界感を味わいたいくらいの気持ちでいけばそこそこ感動できます。

2011年の震災前はさらにきのこきのこしい姿だったようですが、震災で崩壊してしまったのできのこ感が若干薄れてしまったようで残念です。


震災前のきのこ岩。

あまり有名な観光地ではありませんが、他の人とは少し違ったツーリングがしたいとき、人混みに疲れた時などによってみてはいかがでしょうか。

以上、シキでした!