キャンプを始めて5年。おすすめキャンプ用品3選。

皆さんこんにちは。シキです。

今回は僕がキャンプを始めて買って良かったものを厳選してみました。最近の僕のマイブームが「家でも使えるキャンプ用品」(キャンプで使える日用品?)なので、3つの商品のうち2つがそのような商品です。

少し偏った選出になりますがご了承の上ご覧ください。





おすすめのキャンプ用品3選。

スノーピーク HOME&CAMP バーナー

使用歴は9ヶ月です。この製品が発表され一目見て即、購入することを決めました。発表されてから発売までがすごく長かったのですが…

収納されている姿からは、バーナーであることを全く感じさせないたたずまいが特徴です。円柱状の物体からバーナーに変形する様子は男心をくすぐること間違いなしです。

肝心の使い勝手は、組み立てが少しめんどくさいですがかっこいいので全然苦ではありません。構造が複雑なので耐久性も気になるところですが、一冬の間ヘビーユースしても全く壊れそうな様子はありませんでした。

キャンプ用品としての選出でしたが、残念ながら僕はほとんどが家での使用です。

スノーピーク 焚き火台S

使用歴は2年1ヶ月です。長期のキャンプツーリング以外の時は必ずと言って良いほど持っていきます。むしろ、焚き火をしたくてキャンプに行くのかもしれません。

スノーピークの焚き火台といえば、耐久性がウリですが僕はオプションの多さにも注目して欲しいと思っています。スノーピークはキャンプ用品を販売しているだけあって、環境に配慮したオプションがあります。

それはベースプレートです。たまにキャンプ場などで焼け焦げた地面などがありますが、「そーゆーのを防ごう!」ってのがベースプレートです。

芝生や地中の微生物にも配慮できるキャンパーの皆さんは、焚き火台と合わせて購入されることをオススメします。

岩谷 カセットガス クッキングバーナー

使用歴は2年7ヶ月です。最後に書きますが使用頻度が一番高いのはこの商品です。

キャンプでは火起こしに家では炙りに使用しています。「それだけ?」と思われるかもしれませんが、それだけだけど一度使えばハマること間違いなしです。

回転寿しで炙られたサーモンなどがありますが、それを自宅で食べることができるって素晴らしいことだと思いませんか?僕は購入して間もない頃は炙るのが楽しくなんでも炙って食べていました。トーストも炙るだけでお店の味になります。

キャンプでも家でも使用できる用品としてすごくオススメなのでぜひお試しください。値段もそれほど高くなく、炙りが口に合わなくてもそれほど金銭的にも精神的にもダメージが少ないのも嬉しいポイントです。

まとめ。

以上、シキ的おすすめキャンプ用品3選でした。

今回は過酷さを楽しむ長期ツーリング向けのキャンプ用品ではなく、楽しく楽しむキャンプ用品をメインで選出してみました。機会があれば長期キャンプツーリング向けのキャンプ用品もまとめてみようと思います。

最近は「家でも使えるキャンプ用品」が増えており、日用品まで好きなメーカーのもので揃えられます。僕はスノーピークが好きなので家中のものをスノーピークに置き換えていきたいのですが、一気には厳しいので日用品として使用できるものから置き換えていこうと思っています。

家でも使える”てい”であれば、キャンプで使用しなくても無駄使いしている気分にもならずなんなら節約している気分にすら浸れるので皆さんにもオススメしたい買い方です。

以上、無駄遣いをしまくりなシキでした!